ロハコの段ボール再利用|蓋つきボックスにリメイク&収納アイデア

メタ情報

ロハコのダンボールってかわいいと評判ですよね。お子さんがぬりえをしたり、おもちゃを入れたりして、使う方もいらっしゃいます。ですが、仕切りとして入っているので、蓋がありません。積み重ねできるように、大きいダンボールで蓋を作ってみました。

ロハコのダンボール大を再利用して蓋つきボックスにリメイク


〇材料 ロハコの大きいダンボール
中仕切りのダンボール
ハサミ 定規 シャープペンシル
カッター カッターマット
両面テープ ホチキス

〇作り方
大きいダンボールのハギのない側面を大まかに切り取ります。

正面下の接着剤がついているところをさけて、
蓋の側面、3面を3cmで切り取ります。

この長い方の幅なのですが、
中仕切りのダンボールがギリギリ入っていたものなので、
蓋にするには若干余裕がありません。

ですので、元々の折り目の少し外側に定規とカッターの背を使って
軽くスジを入れます。
強くやると段ボールの表面が切れてしまうので注意。
そこから、正面と同じ3cm幅でカット。

のりしろを折って、一度本体にかぶせます。
2mmほど余裕を持たせて、しるしをつけて、折りスジをいれます。
スジから3cmのところでカット

のりしろの端を少しカットして、両面テープで仮止めします。

そこの部分の厚みをつぶして、ホチキスで止めます。
針をキレイにつぶします。

本体にかぶせて、完成!

側面の接着剤のあとが気になる場合はマスキングテープを貼っても良いと思います。

私はロックミシン糸を入れてみました。

これで、重ねて収納できるようになったので、
用途が広がります。

スポンサーリンク

ロハコの大きいダンボールと間仕切り2個で、クローゼット上のバッグ収納

ロハコの大きいダンボールの蓋を丁寧にはずします。

上部の畳んである部分に切り込みを入れて、
内側に折り込みます。

ぐるりとテープを貼ると安定します。

間仕切り2個を両端にセットして、完成!

自立しないバッグもすっきり収納できます。

まとめ

100均の蓋つきBOXを買うのも良いですが、かわいいのロハコのダンボールをリメイクして再利用できます。
使い勝手が良いのでぜひ作ってみてください。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。