股上が浅いズボンを深くする直し方|簡単にはきやすくなります!

メタ情報

あれ、去年はピッタリだったのに、もう、股上が浅くなっちゃったってこと、子どもにはよくありますよね。横はまだ余裕があるので、今年もまだ活躍させたいものです。子供だけではなく、大人のでも股上が浅すぎてなんだか履き心地が悪いとか・・・そんなパンツやジーンズの股上を簡単に深くする直し方を2通りご紹介します。

スポンサーリンク

ウエストに幅広リブを足して、股上が浅いパンツを深くする直し方

ヨガパンツ等、ウエストのリブ編みの部分が幅広のパンツってありますよね。
あれをイメージしてください。

高さを4~5cmほど増やす場合、高さ20cmほど、幅はパンツの腰回りより、少し狭いくらいのリブを用意します。

横半分に折って、脇を縫います。
ゴム通し口を開けておいてください

上端に幅1~1.2cmほどの2~3本ゴムを通すためのステッチをかけます。
(幅はゴムの太さで調節してください。)

リブを少し伸ばしながら、パンツ本体に均等にマチ針やクリップで止めていきます。

ウエストをぐるりと縫います。
ロックミシンを使っていますが、ジグザグでもOKです。

スポンサーリンク

表に返して、ゴムを通してできあがり。

股上をカットして、股上が浅いズボンを深くする直し方

この方法は股上が深くなる分、また下が短くなりますのでご注意ください
くるぶし丈等、いろんな丈のパンツがあるので、個人的にはあまり気にしなくても良いかと思っています。

股上が浅くなってしまった、ニットパンツの股上を深く切ります。

パンツを裏返し、片方の足にもう片方の足を入れます。

カットしたい深さにチャコペンとかで線を引きます。
(線がガタガタとしてますが、なめらかに、キレイに引いてくださいね。)

マチ針等で止めて、線より7ミリほど下を、ニット用の針と糸で直線縫いをしておきます。
線の通りにカットして、ジグザグミシン等で処理します
(画像はロックミシンで処理しています。)

表に返してできあがり。

まとめ

ウエストにリブを足すか、股上をくり抜くかで、股上を深くすることができます。
デニム、ジーンズ等は、ダブルステッチがかけてあるのでちょっと難しいかもしれません。
自信がない方はダメ元で、古くなったパンツで1度試されてからの方が良いかもしれません。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. わんたん より:

    はじめましてこんにちは。
    フリースにズボンの後ろ股上が浅く、しゃがむと腰が出てしまうので7cm程、
    直してたいと考えていますが。
    紹介されている、カットする方法だと、裾の前後の長さが違ってしまうことはないのですか?
    イメージしきれなくてすいません。

    • rindarinda より:

      はじめまして^^
      前後ともにカットするので、裾の長さがずれてしまうことはないです。
      よろしくお願いいたします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。