サングラス 偏光レンズの違いと選び方 デメリットは?

日差しが強くなってくると、車の運転後の目の疲れが酷くなります。
偏光レンズのサングラスが疲れをかなり軽減するので、違いと選び方をご紹介します。

サングラス 偏光レンズとの違いは

普通のサングラスは、光の量を減らすだけですが、偏光レンズは細かいスリットが入っていて、横方向か縦方向のみの光を通してると考えるとわかりやすいかと思います。

運転中にまぶしく感じるのは、道路やビル等に当たった光が乱反射して目にはいってくるからです。

偏光レンズだと、その乱反射した光だけをカットできるしくみになっています。

ダッシュボードに物が置いてあると、気になるものですが、その乱反射も気にならなくなります。

サングラス 偏光レンズの選び方

一口に偏光レンズのサングラスと言っても、値段は数百円~数万円まで様々です。

数百円のものですと、買った時から、ゆがみがあるものもあります。
ゆがんでいると、一定方向の光のみを通すことが難しくなるようで、性能は落ちます。
そのため、見る方向によって、反射光の眩しさ度合いが変わってくることもあります。

高価なレンズは性能が高く、評価も良いのです。

レンズメーカーのTALEXの偏光サングラスは愛好者や複数所有者も多いです。

イチローさんのトレードマークになっているのはオークリーですね。

スポンサードリンク

気をつけなければいけないのは、偏光グラスをかけると、ふらつく感じがする人もいますので、必ずショップに足を運んで、実際にかけてみてから、購入されるのがオススメです。

先にネットショップで目星をつけておくと良いですね!

楽天市場 オークリー 偏光レンズ サングラス

サングラス 偏光レンズのデメリットは?

カーナビの液晶画面が見づらくなったり、することもあるようです。
その点は、改良されてきているナビもあるようですので、一概には言えませんが・・・・。

また、熱と水分に弱いようで、夏場、車に放置したり、
濡れたまま放置したりすると性能が落ちることがあるので気をつけましょう!

スポンサードリンク

まとめ

デメリットを差し引いても、偏光レンズのサングラスは試す価値ありです。

なくしちゃうことが多い方は、安価なものから試してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。