浴衣の着崩れない着方と下着は?涼しく着れる方法ってある?

夏の風物詩と言えば、花火大会。
花火大会とくれば、浴衣でしょうか?

浴衣は着たいけれど、着方がよくわからないって思っちゃいますよね。
簡単で、着崩れない着方をマスターして、浴衣美人になっちゃいましょう!

スポンサードリンク

浴衣の着崩れない着方は?

浴衣のセットとして、販売されているのは、
帯だけの物が多いと思います。

最低、腰紐2本(1本はコーリンベルトという簡易的なものでもOK)、伊達締め、帯板はあった方が良いので揃えましょう。
楽天市場でも、浴衣着付けセットで検索するとそのようなセットになっているものを見かけます。

それとウエストを補正するためにタオルは必要です。
暑いですが、着崩れを防ぎます。

簡単にキレイに着れて、着崩れしにくい動画をみつけました。

スポンサードリンク

浴衣の下着は?

浴衣が濃い色で透けないようなら、キャミソールに
フレアパンティとかでも大丈夫だと思います。

但し、浴衣は木綿が多く、すべらないので、脚さばきはよくありません。
帯を巻くので、ウエストまわりのもたつきも気になるかもしれません。

そんな方には、着物スリップがおすすめ。
上は綿で裾がポリエステルになっているものの方が脚さばきがよく、
おすすめです。

浴衣を涼しく着るには

浴衣の素材は綿が多いですが、少しでも涼しく着るには
麻の混紡、綿麻の方が熱がこもらず良いと思います

お値段もそれなりに良くなると思いますが、
麻の混紡率が高い方がより涼しいでしょう。

古典柄のものを選んでおくと長く着られると思います。

帯を変えれば、雰囲気は変わるので、着こなしは楽しめるます。

まとめ

いかがでしたか?、下着や小物を工夫して、
スッキリと美しく、浴衣を着こなしてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。