iphone 水没の対処法 応急処置とやってはいけないこと4つ

あっ!と思った瞬間にはもう遅かった。
水没してしまった、iphoneの応急処置とやってはいけないこと!
この方法で復旧できることを祈ります!

スポンサードリンク

iphone水没の対処法  応急処置は

すぐに電源を切る

とにかく早く電源を切るか、電池パックを抜く!
放置するとショートする可能性があります。

SIMカードをすぐに取り出す!

コレ大事!

水分を取る

水分を取って乾かしましょう!

1.エアコンを使って乾かす

 除湿モードにしたエアコンの吹き出し口に近づけて、2時間ほど乾かすのですが、
 冷えると結露になって、効果がないので、室温と同じ温度で冷えないようにして、乾かすのがポイントです。

2.水とりぞうさんを使う
 
 大きな密閉できる袋(ジプロックみたいなの)に「水とりぞうさん」や同様品を入れて、その上にiphoneを
載せます。
塩化カルシウムで水分をとるのですが、水分がたまった塩化カルシウム溶液は絶対にiphoneにかからないように充分注意してください。

3.リバイバフォンという90%以上の復活率を誇る液体を使う!

 実はiphoneの基盤は水に弱いわけではないのです。
 問題なのは、水に含まれるミネラルやその他の不純物。
 
 リバイバフォンという液体は、不純物を吸着して取り除いてくれるのです。

スポンサードリンク

 使い方は簡単、付属の袋にリバイバフォンを注ぎ、7分間iphoneを入れます。
取り出したら、24時間、自然乾燥するだけ。

iphone 水没の対処法 やってはいけないこと4つ

1.振って水気をきろうとする

  早く水を出そうと振ってしまいがちですが、振ってしまうと、濡れてなかったところにまで水分がいってしまうはめに。
  慌てないで!

2. 慌てて無理やりカバーを外す

  これも振るのといっしょです。落ち着いて、なるべく動かさないようにして、そっと外しましょう。

3. ドライヤーを熱くして乾かす
  
  熱が原因で基盤が故障することもあります。
 ペーパータオルとかで水分を取るように拭きます。
 ドライヤーを使う場合は「冷風」で、少し離して風を当てます。

4. 動くかどうかを確認しようとして、電源を入れたり、切ったりする。

  これはショートにつながります。
  絶対にやめましょう!

まとめ

普段から防水ケースに入れておくのも良いと思います。
いざというときに、間違った行動をとらないように、少しでもお役にたつと幸いです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。