夏休みの工作|貯金箱の作り方|高学年だと?男の子&女の子

メタ情報

夏休みの宿題のひとつとして工作がありますよね。今年は何を作ろうかと考えたときに学年が上がるにつれてアイデアも尽きてしまい困ってしまいます。夏休みの工作で定番な貯金箱作りは高学年になってもアイデア次第で面白い作品ができます。高学年の子どもにおすすめの貯金箱アイデアや工作キット等を紹介します。

スポンサーリンク

貯金箱の作り方 高学年用 男の子の作品アイデア


男の子向けの貯金箱のアイデアをご紹介します。

おもしろ貯金箱


参考URL:http://toy7.net/summer/high/chokinbako.html

斜めに張り付けた溝の間を
硬貨が転がって、
下に取り付けた紙パックに
入る仕組みです。

材料:発泡スチロール板(手に入らない場合は、ダンボールでもOK)
   ※紙パックの高さ分の幅
   牛乳やジュースの紙パック

道具:はさみ
   カッター
   両面テープ(スティックのり)
   セロハンテープ
   荷造りテープ

作り方

1.紙パックの注ぎ口を利用して、
 コインの取り出し口にしますので、
 そこが必ず、下になるようにします。

 底に対して反対側の上にくる面の横に
 発泡スチロール板の下の部分を
 差し込むための穴をあけます。

2.発泡スチロールを1cm幅と2cm幅にカットし、
 それを3組用意します。

3.先に1cm幅の物を本体に少し傾斜をつけて
 両面テープで貼り、
 その上に下を揃えて、2cm幅のものを貼り
 コインが転がるための溝を作ります。
 傾斜の上にくる側には、
 コインが落ちないように、
 1cm幅のものを4cmほどに
 カットしたものを貼り付けます。
 下の紙パックを差し込む分の幅は開けておきます。

画像出典:http://toy7.net/summer/high/chokinbako.html

4.本体を紙パックに差し込み、
 後ろ側を粘着テープで固定します。
 しっかりと付けるためには、
 発泡スチロールと紙パックの間を
 両面テープでつけると良いです。
 
 紙パックにあらかじめ、色紙等を貼っても良いですね。

※高すぎるとバランスが悪く後ろにひっくリ返ります。
 壁にくっつけて置いたり、硬貨をたくさん入れると
 バランスが取れます。

消える貯金箱

材料:紙パック
   アクリルミラー(縦69㎜×横97㎜×厚さ2㎜)
   色紙等

道具:カッター
   セロハンテープか接着剤

作り方
1.紙パックを7cm×7cmのキューブ状のボックスにします。
 上部はフタになるので、1.5cmの差し込み部分を作れるように
 カットしてください。

2.上の部分にコインを入れる穴を開けます。

3.内側に紙を貼ります。

4.アクリルミラーを手前が上にくるようにセットし、
 セロハンテープ等で固定します。

工作キット 男の子向け

貯金箱キット鍵付き宝箱
加工された木材や材料が入っているので、
絵の具とはさみ、カッター、ボンドがあれば、
作れます。

もしかして、作るのはちょっと難しいかもしれませんが、
親子で作るのも良いですし、
1人で頑張ればすごく達成感を味わえます。

完成したら、鍵付きで宝箱として使えるので、
貯金箱兼宝箱としても!

スポンサーリンク

貯金箱の作り方 高学年用 女の子の作品アイデア

お菓子の家をイメージした
紙粘土と牛乳パックを使った貯金箱は、
女の子受け抜群です。

お菓子の家の貯金箱

材料:紙パック
   カラー紙粘土
   絵の具やカラーペン

道具:はさみ
   定規
   セロハンテープ
   両面テープ
   木工用ボンド

作り方
1.紙パックの折り目から4㎝下を切って
 そのあと開いていきます。
 
 牛乳パックの上の部分は
 後から屋根をつけるためのパーツとして
 使いますので取っておきます。

2.次は底のパーツと屋根のパーツを作っていきますが、
 底のパーツは底辺と奥行きが6.5㎝、
 高さ4㎝、上辺が6㎝の台形のようになります。

 屋根のパーツは7㎝×4.5㎝の長方形を2枚作ります。

 底のパーツは箱のように組み立てておいて、
 屋根のパーツはウラに両面テープを貼ります。

3.取っておいた牛乳パックの上の部分は、
 上部を尖らせるように折って
 セロハンテープで固定して屋根を貼りつけてください。
 そのとき、上は隙間を空けておきます。

4.その本体の下に底のパーツを入れ込み
 4カ所をセロハンテープで留めます。
 お金を入れる場所に定規を指しておいて、
 その回りに粘土を貼り付けていきます。

自由に装飾を施して可愛らしいお菓子のおうちや
ログハウスなど自由にデコレーションを楽しみましょう。

工作キット女の子向け

ちょっ金ハウス

作りがいがありながらも、短い時間で作れるように
最初から加工されたパーツが入っていますので
で基本は組み立てるだけです。

必要な道具は絵の具、爪楊枝、かみやすりです。
紙粘土で装飾してもオリジナリティがあって、
夏休みの工作に向いてると高評価のキットです。

煙突部分から硬貨を入れるとコロコロと転がりながら、
自動的に硬貨が分かれる仕組みになっているので、
完成すれば何度も遊んでしまうほど、
楽しく貯金できるすぐれものです。

まとめ

夏休みの工作で貯金箱を作る際は、身近な牛乳パック使ってできますし、
材料は結構100均で手に入ります。

キットを使って作る方法もありますので、
お子様がやれる範囲で準備をすると良いでしょう。

自分だけのオリジナルの貯金箱を作っ
て楽しく貯金をする習慣ができるきっかけ作りにもなりそうですね。

   

 

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。