結婚式のサブバッグは黒?マナーや紙袋は?必要ない?

結婚式のお呼ばれって、こちらまで幸せな気分になれて、うれしいものですね。
華やかな席に参加するにあたって、ドレスやパーティバッグを準備されているかとは思いますが、はて、小さなパーティバッグに入らない、荷物ってどんなバッグに入れいけばいいのって迷ってしまうこともあるかと思います。
そこで、失礼にならないサブバッグの選び方をご紹介します。

スポンサードリンク

結婚式のサブバッグは黒

結婚式のサブバッグというと、黒か白っぽいクリームやベージュがおすすめです。
ドレスの色に合わせて、黒か白っぽい色のものを使い分けると良いと思います。

特に黒だと、結婚式に限らず、冠婚葬祭や学校行事にもお使いいただけて、何かと重宝します

サテンやチュール、オーガンジー等のフォーマルな素材がオススメです。

持ち物としては、招待状、袱紗、化粧ポーチ、折り畳み傘、予備のストッキング、ストール等です。
時間が長くなることも想定して、スマホの充電器もあった方が良いかもしれません。

結婚式のサブバッグのマナーと紙袋は?

通常結婚式の会場に持ち込むのは小さなバッグのみで、大きな荷物はクロークに預けるものです。
だからといって、会場まで持って行くバッグはなんでもよいかというと、キャンバス地等、あまりにもカジュアルなバッグは装いとして、ちぐはぐになるので、スマートではありません。
スパンコールやラメの入ったものは、夜のパーティー用ですので、日中に持つサブバッグではないですね。
一時期、ブランド物の紙袋を持つ方もいましたが、やはり紙の袋です。おすすめできるものではありません

スポンサードリンク

結婚式のサブバッグは必要ない?

本来欧米では、パーティーの際には男性のエスコートがあります。
なので、パーティーバッグは財布が入る大きさにはなっていないのです。

ですが、ここは日本です。
パーティーバッグを袱紗の入る少し大きめのものにして、サブバッグは持たないという方法もあります。
椅子の背に置いてスッキリ収まるサイズであればOKです。

財布も普段使いのものではなく、極薄いものやマネークリップにしたり、スイカやパスモを小銭代わりにして、あとは、クレジットカードで済ませるようにします。

白っぽいフォーマルなハンカチ、ティッシュ、小さいメイクポーチ、スマホが入れば、問題ないでしょう。

クラッチがスマートですが、手が空かなくなるので、チェーンストラップ等がついていて、2wayで使えるタイプの方が立食パーティとかでも使えて、何かと便利です。

まとめ

結婚式で持つサブバッグは黒のサテンやオーガンジー等のフォーマル素材でしたら万能です。
カジュアル過ぎる素材のものはさけましょう。
パーティバッグを袱紗が入る大きめのものにして、サブバッグは持たないという方法もありです。

ストールの結婚式の巻き方とマナー、色や素材は?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。