中学生の眉毛の整え方 剃ると濃くなるの?抜くのは?

中学生になると、自分の眉の形ってとっても気になりだします。
とくに眉間がつながっていたり、濃くて太かったりすると、とにかく前髪で隠したくなります。
でも眉毛って、ふとした瞬間に見えてしまうので、自然な形で整えておくとよいでしょう。

スポンサードリンク

中学生の眉毛の整え方

眉毛を整えるといってもあくまで眉毛の周りのムダ毛を整えるくらいの方が自然で良いです。

よく、眉毛を剃ると、青くなってしまうという方がいらっしゃいますが、それは眉弓という眉山の本来剃るべきではないところを剃ってしまっているから。

不自然な上にすごく老けて見えます

眉の形の黄金比というものがありますが、中学生ではこれは細すぎると思います。
o0313028112173289979
出典:http://ameblo.jp/cosmemaniaxblog/entry-11340156695.html
眉間のつながっている毛は自然な感じに処理するとして、眉山より上のまばらな毛と、眉尻の下の伸びている毛を処理する
くらいで充分
です。
o0300015812173323106
出典:http://ameblo.jp/cosmemaniaxblog/entry-11340156695.html
ハム太郎に出てきた「長老」みたいな眉だと恥ずかしいので、少しカットして整える感じです。

こちらのクシ付きマユハサミハサミは細かい処理には向きませんが、コームがついていて自然に整えられると人気です。

クシ付きマユハサミ ピンク[眉ばさみ]

クシ付きマユハサミ ピンク[眉ばさみ]
価格:864円(税込、送料別)

コレでボサボサを整えてから、周りをフェリエという眉毛、産毛用のシェーバーで整えるとうまく行きます。

うちにも1本ありますが、かなり使えます
中学生がお小遣いで買うのには高価なものなので、おうちの方に相談すると良いと思います。

スポンサードリンク

中学生の眉毛の整え方 剃るのは?

カミソリを使うのはあまりおすすめできません。

というのは、結構カミソリで自然に整えるというのは難しく、「剃りました~!」という感じになります
つい、失敗して剃りすぎちゃったということもありますし・・・・・。

それに、鏡を見て剃るので、何度も同じ場所を剃ってしまったりして、肌をキズつけたり、切ってしまったりして、
肌荒れになったり、キズが残ったりします

逆剃り等、毛穴までキズつけるので絶対にやってはいけません。

剃ることで、肌に負担がかかり、本来の機能である肌を守る働きが強くなり、毛が濃くなるということもあります。

中学生の眉毛の整え方 抜くのは?

毛を抜くのは、毛根を傷つけたりすることがあります。
ですので、本来の眉があるべきところを抜いたりするのは、絶対におすすめできません
眉ガシラだけ残して、抜いてたら、生えてこなくなったという人もいます。

それは、毛穴に眉ペンシル等の汚れが詰まって生えなくなることもあるようですが、
中学生でそんな状態にしてほしくありません。

抜くのであれば、まぶたに生えている、シェーバーで剃っても目立ってしまう太い毛くらいにしておきましょう。

まとめ

中学生のうちは眉の形を整えるというより、はみ出ている周りの毛を整えるという位が自然で良いです。
幸い、今は太眉が流行っています。
最初できないうちは、おうちの方にやってもらうと良いですね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。