金属アレルギー 対策とピアスやネックレスのコーティングは?

一度金属アレルギーを発症してしまうと、完全に治ることはなく、いかに症状が出ないように対策をしていくかが、非常に大切です。
効果がある対策方法をご紹介します。

スポンサードリンク

金属 アレルギーの対策は?

反応がでてしまうアクセサリー類を身につけないのが一番なのですが、せっかく、おしゃれしたくて、ピアスの穴を開けたのにって、思ってしまうのが女心。

ピアスって、皮膚を貫通させて使うものなので、今まで触れなかった皮下組織を刺激してしまうんですね。
その刺激によって、異物とみなされると、次からはそれに対して攻撃が始まります。

かぶれやすい金属だと、ニッケルやコバルトがあげられます。

これらは避けて、キャッチ部分も含めてかぶれにくい、チタンやプラチナ、金、銀でできているものを
選んだ方が良いです。
なくしやすいキャッチをシリコン製に変えるという手もあります。
もちろんネックレスも同様です。

不意にアクセサリーをプレゼントされて、つけられない材質だと気まずくなってしまうので、彼には金属アレルギーがあることはしっかりと伝えておいた方が良いでしょう!

それか、自分の肌に、皮膚保護フォームでバリア機能を作るという方法もあります。

ファムズベビーという、ムース状の角質に浸透する保護成分が長時間持続します。
アトピー等の肌トラブルがある方向けに開発された商品なのですが、
金属アレルギーにも効果がありました。

コレ1本で乾燥しなくなるので、おすすめです。
ファムズベビー

金属 アレルギーの対策 ピアスやネックレスのコーティングは?

ピアスのキャッチにピアスコートという金属かぶれを防止するコーティング剤を塗るという方法もあります。
長時間となると、やはりかゆくなるというレビューもありますが、大半の方が大丈夫ということです。

安価なので、気軽に試せると思います。

透明のマニキュアを塗ると大丈夫という方もいます。
はがれかけたら、除光液で落として、ぬりなおすと良いですね。

ネックレスについては、コーティングはあまりおすすめできないので、保護フォームをつける方が良いと思います。

スポンサードリンク

まとめ

金属かぶれしにくいものでも、汗や汚れで反応してしまうことがあります。
アクセサリーも肌も清潔に保つことが大切です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。