夏バテの原因を教えて!食事やレシピ、対策は?

暑くなってくるとどうしても、食欲がなくなりがち、
食べたくないからといって、つめたい飲み物ばかり飲んでいると
夏バテをしてしまいます。
しっかりと栄養のある食事を取るようにしましょう。

スポンサードリンク

夏バテの原因は?

夏バテは外気温と冷房の効きすぎた室内の温度差で、
自立神経のはたらきが悪くなるのが原因なのですが、
それに加えて、体の中も冷たいもので、冷やしてしまい。
免疫力も低下させています。

夏バテ対策の食事

一番手っ取り早いのは、飲む点滴といわれる「甘酒」を飲むこと。
オススメなのは、米麹を使った無添加のもの。
酒粕を使ったものは、大量の砂糖がつかわれているので、
オススメできません。

夏バテに効果的なビタミンB1、B2、B6他、点滴とほぼ同じ成分が含まれています。

朝、食欲がないときでも甘酒を1杯飲むと良いです。

タンパク質やカリウムもしっかり取りましょう。。

スポンサードリンク

豚肉にはビタミンB1が多く含まれています。

豚シャブサラダだと、カリウムを多く含む、夏野菜、
キュウリ、トマト、みょうが等にレタスやキャベツを加えて、
さっぱりといただけます。

茄子を素揚げにして、ショウガと一緒にめんつゆにつけるのも良いですし、
茄子とゴーヤ、かぼちゃを揚げて、カレーのトッピングにしてもいいですね。

ビールのお供、枝豆も良いです。

リンゴ酢にはちみつを加えて、水で割ったドリンクや
シソジュースもオススメです。

九州では、夏場「冷や汁」という、ぶっかけご飯を良くたべます。

夏バテ対策

夏こそ、シャワーだけでなく、しっかりと湯船につかりましょう。

41℃~42℃の熱めのお湯に10分~20分入ることで、
体を活性化するヒートショックプロテインが生成されます。

まとめ

少量でも良いので、なるべく栄養価のあるものを食べて、
夏バテにならない体づくりをしておきましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。