車のサンシェード 赤ちゃんをベビーシートに乗せる時のおすすめは?

赤ちゃんをベビーシートに乗せて、移動していると、気になるのが日差し、
車に元々サンシェードがついているものだと良いのですが、
ついていない場合の選び方についてのポイントをご紹介します。

スポンサードリンク

車のサンシェード 赤ちゃんを乗せる時のポイント

80a83722b6598743b1d1c545892265e6_s

最近の車の窓ガラスはUV加工されていますので、
紫外線のカットはある程度できていると思います。

ですが、生まれて間もない赤ちゃんの皮膚は非常に薄く、メラニン生成能力が発達していません。
なので、なるべく日光にあてないようにした方がよいので、サンシェードはあった方が良いです。

ベビーシートにサンシェードがついているものもありますが、
足の方まで下がるものではないですし、朝日や夕日は横から入ってきますので、
顔の方まで陽が入ってきて、目にもよくありません。

車のサンシェード 赤ちゃんをベビーシートに載せる時は

以前、カーメイトのエールベベで、『おでかけ日よけ』という、
チャイルドシートにもベビーカーにも付けられる、便利なサンシェードが
あったのですが、今は販売されていません。

ベビーカーのサンシェードについての記事はこちら

高いですが、中古がAmazonで出品されていたり、フリマアプリのメルカリでもたまに見かけます。

手に入れるのでしたら、メルカリの方がかなり安いです。

招待コードで、300ポイントもらえます。
招待コード: zoo035

車 サンシェード 赤ちゃんをベビーシートに載せる時 おすすめは

ホームセンターやトイザらス等でよく見かける、クルッと丸めておくタイプで、
真ん中に吸盤が1個ないし2個ついているものは、おすすめできません。
吸盤がよくないのか、窓に貼り付けてもすぐに落ちてきて、イライラしますし、運転の妨げにもなります。

吸盤がしっかりしていて、巻き上げるこちらのタイプは人気があります。

あるいは、こちらのワンタッチサンシェードはダブルイヤー賞を取るほどよく売れています。

これは、簡易的にハンカチやスカーフをサンシェード代わりにできるクリップ。
ミッキーの手がかわいいです!
Amazonレビューもいい感じです。

まとめ

車だけでなく、ベビーカーも良く利用される方は、両方使えると便利ですね。

余談になりますが、ベビーカーで赤ちゃんが眠っているのに、日よけ全開にしている方を見かけます。大人の仮眠と違うので、日よけをしっかり下まで下げて、ゆっくり休ませてあげましょう。
だって、戸外で目をつぶっていても、上を見上げると非常にまぶしいものです。
ママが気をつけてあげることをオススメします。

フロント用のサンシェードの選び方はこちら

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。